遠くを眺めるハクビシン 目を光らせているハクビシン 木の上に登っているハクビシン

オススメリンク

カレンダー

2014年12月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

駆除の業者

山・お寺

ハクビシンは成獣で全長が1mほどで、体の大部分が灰褐色であり、四肢は黒色な外観が特徴的な野生動物です。
その一方で雑食性で農地はもちろん、市街地などにも出現し住宅やオフィスに住み着くこと 続きを読む

害獣としてだけではなく

山の中・緑

ハクビシンは農家の果物や野菜を食い荒らし、時には民家に住み着いて糞尿を撒き散らす害獣として知られています。
厄介なことに役所の許可なしには駆除できないため特に嫌な存在として思う方も 続きを読む

ハクビシンについて

山のふもと

ハクビシンは、鳥獣保護法の対象になっているジャコウネコ科の哺乳類です。
名前の通り、額から鼻にかけて白い線があるのが特徴で、一見するとかわいいネコのような動物ですが、人間にとっては害を 続きを読む

アーカイブ

カテゴリー